日本大学芸術学部にて講議

投稿日時 2007-01-16 19:32:12 | カテゴリ: ????

2006年4月15日〜6月3日の間で6回、日本大学芸術学部にて講議を行いました。


デザイン特別講座 II /「CI会議体」の講議開始(4/30/2006)

 昨年の「日本サムスン」(前半)「日産自動車」(後半)に続き今年は「日本CI会議体」(前半)「良品計画」(後半)の方々を招聘し、実社会のデザインについて広く深く語って頂きます。
前半の「日本CI会議体」のテーマは「企業を変えるデザイン」です。
以下がその概略と予定です。

テーマ;「企業を変えるデザイン」
「企業を変える」ほどの力を持つデザインとは、「アイデンティティをデザインすることに他ならない。
コーポレートレベルのCIからブランディングへ、さらにプロダクトやコミュニケーションを含めたデザイン。「日本CI会議体」は、創設以来一貫して企業のアイデンティティとデザインの問題に取り組んできました。本講座は、日本CI会議体メンバーによる、実践的アイデンティティデザイン戦略を実際の開発事例を含め、ご紹介します。

■4月15日「ブランド・アイデンティティ戦略」
 日本CI会議体代表幹事 アイデックス株式会社 代表取締役社長 草壁 伸雄

■4月22日「自分がブランド」-企業のイメージづくりを「自分の視点」で考える-
 日本CI会議体幹事 株式会社dea 代表取締役社長 中川 健二

■5月6日「アイデンティティデザイン開発」
 日本CI会議体代表幹事 アイデックス株式会社 代表取締役社長 草壁 伸雄

■5月13日「CIに於けるデザイン開発」-アイデンティティをデザインするとは-
 日本CI会議体幹事 細川デザイン事務所代表 細川 光夫

■5月20日「新しいブランディングの潮流・クリエイティブブランディングアプローチ」
                -中国でのブランディング事例を添えて-
 日本CI会議体幹事 グラムコ株式会社 代表取締役 山田 敦郎

■6月3日「ブランド再構築:コンセプトからデザインへのリアライゼーション」
 日本CI会議体幹事 株式会社アクサム 代表取締役社長 南山 宏之

以下、一回目、二回目の講義の様子をご覧下さい。


●第一回目「ブランド・アイデンティティ戦略」

●講師の草壁先生(アイデックス代表)

●講義に熱心に耳を傾ける学生達

●同じくメモを取る学生達

●アイデックススタッフよる説明

●協力会社「フィッチ社」の説明

●実際に企業に提案した書類

●まとめを話す草壁先生

●第二回目「自分がブランド」

●名前についての話から始まった、、。

●具体的な例を上げての分かりやすい説明

●講義をする中川先生(dea代表)


3回目の草壁先生に続いて4回目の日本CI会議体幹事/細川デザイン事務所代表;細川光夫先生と5回目の日本CI会議体幹事/グラムコ株式会社代表取締役;山田敦郎先生の講義の様子をご覧下さい。
両講義とも非常に高度なお話を分かり易くていねいに講義して頂き,9O 分が短く感じました。


●四回目の細川光夫先生

●「CIに於けるデザイン開発」
●熱心に聴く学生達
●メモを取る学生

●草壁先生も毎回参加

●5回目の山田敦郎先生

●ジョークも交え引きつけられる講義

●実社会の具体的なデザイン

●実践的な内容に興味が湧く学生達

●アッと云う間の90分でした。

■前半最終回の日本CI会議体幹事/株式会社アクサム代表取締役社長;南山宏之先生の講義です。


●やさしい口調で語る南山宏之先生

●模擬口頭質疑体験

●分かり易いスライド講義

●最後の質疑応答時間

■後半は「良品計画」デザイン室/室長・伊東祥次さんの講義です。


●伊藤先生の講義はスピーディ
●毎回、興味深い内容の講義でした。

●若々しさとエネルギッシュな伊藤先生

★先生方,本当にありがとうございました。
毎回、興味深いお話をして頂き学生達の視野も大きく広がりました。
先生方の今後益々のご活躍を心より祈念しております。





日本CI会議体にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.ci-kaigitai.com/xoops

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.ci-kaigitai.com/xoops/modules/activities/index.php?page=article&storyid=1